小型真空加熱装置「ガラスチューブオーブン GTO-2000」 カタログ | マレーシア向け 製造業マッチングサイト : TECH DIRECTORY Malaysia

マレーシア向け 製造業マッチングサイト

TECH DIRECTORY Malaysia

小型真空加熱装置「ガラスチューブオーブン GTO-2000」

カタログ画像

製品・サービス情報

  • 小型真空加熱装置「ガラスチューブオーブン GTO-2000」 小型真空加熱装置「ガラスチューブオーブン GTO-2000」
    • カタログ

    ガラスチューブオーブンとは、少量のサンプルを減圧下で、蒸留、分留、乾燥、昇華をするための真空加熱装置です。 減圧下で回転、加熱ができますので、熱過敏物質や高沸点物質の処理を簡単に迅速に行うことができます。 高沸点化合物や少試料の蒸留に用いられ、クーゲルロールの名で使用されています。 「GTO-2000型」は、オーブン本体を基本とし、回転ユニットとのセットで蒸留・分留・濃縮、乾燥ユニットの取り付けで加熱乾燥が行えます。 減圧下において少量サンプルの蒸留・分留・濃縮が行える回転加熱型と、サンプルの乾燥を目的とした乾燥型の2種類をラインアップ。 【特徴】 ○最高温度は350℃まで設定可能 ○断熱効果の高い真空ジャケット付きガラスコーティングヒーター ○回転加熱型:ボリウムつまみによる回転スピードの調節 ○乾燥型:最大45度の傾斜角をもつヒーターブロック部 ○1パターン9ステップを9パターンまでの昇温プログラムが可能 ※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

企業情報

柴田科学株式会社 柴田科学株式会社
  • カタログ

カテゴリ

ピックアップ

PAGE TOP